HOME Contents List New Release Live, Event Mobile Site MX [ミュージック・エクスチェンジ]
 
 
 2004年、東京・渋谷にオープンした新音楽空間「duo Music Exchange」。“本当の音楽を楽しむために”をコンセプトに掲げ、国内外の有名アーティストのライブを楽しむ空間、食事を楽しむ空間、そして「duo Music Exchange」というライブハウスの名前にある通り“ふたり”の時間を楽しむ空間を提供しています。
 そんな「duo Music Exchange」から、1970〜1990年代に活躍した海外のアーティストのプレミアム・ライブがなんとDVDとして登場。今聴いても決して色褪せない佳曲が集結致しました。30〜50代のリスナーは当時リアルタイムで耳にした彼らの音楽。また今10〜20代のリスナーは現在活躍しているアーティストが影響を受けたアーティストですので、各世代、納得そして満足して頂ける商品です。ライブハウス発のDVDとしては国内において過去に前例のない、滅多に観ることが出来ない彼らの最新映像がお楽しみ頂けます。
 
 
はい、若いコたち。若いからって見ぬフリしない(笑)。ちゃんと読んでくださいね。皆さんが好きな今の音楽もこのシリーズのアーティストがルーツになっている人たちも多いのです。そのうち無知であることがハンデになりますよ。
 世代を問わず、誰もが今でも楽しめる名盤や名曲は、'70年代後半から'80年代にかけて数多く登場しました。ロックがポップスやジャズ、ファンクなどさまざまな音楽と融合し、大人の鑑賞にも堪えうるクオリティの高い作品が次々に送り出されるようになりました。とくに顕著なのは、'80年前後に一大ブームとなったAOR。AORには都会的でおしゃれなイメージがありますが、ボサノバやジャズを取り入れた軽いタッチのものから、ブルースやソウルをベースにした泥臭いもの、さらにはハードロックまでさまざまなジャンルが含まれます。共通するのは、緻密なスタジオ作業で入念に練り上げられたサウンド、メロディを大切にした歌のよさ、そしてアルバムとしての完成度の高さ……。
 ちなみにAORとは「アダルト・オリエンテッド・ロック」、つまり大人向けのロックの略称だというのが一般的ですが、実はご当地アメリカではAORといえば“アルバム”・オリエンテッド・ロックのこと。シングル狙いのアイドルではなく、アルバム単位でじっくり聴かせるアーティストの音楽がAORなのです。
 このAORというカテゴリーに属するアーティストが最近ではCMやドラマの主題歌で起用され、若いリスナーの耳にも届けられています。若いリスナーの皆さんが好む同世代のアーティストのルーツも、このAORと呼ばれている音楽に行きつくものもたくさんいるようです。
そう、決して“オジさん/オバさん”だけが楽しむ為の音楽ではないです。
 
 クロスオーバーといわれる音楽、そしてAORが登場してきた70年代中期から後半でロックは大きな転機を迎えました。さらにロックの商業化、社会・政治問題がロックといったテーマを抱え、音楽シーンは多様化と成熟の時代を迎えます。その後80年代に突入すると映像文化が音楽シーンに取り入れられます。そこで生まれたのがこの音楽専門チャンネル「MTV」。1983年にアメリカ・ニューヨークで放送を開始、音楽ビデオを中心とした放送プログラムを組んでいましたが、徐々にエンターテイメント色が強くなり、現在はMTV-2という音楽ビデオのみ放送するチャンネルと、エンターテイメント色の強いMTVの二本立てとなっています。
 その後MTVは“Unplugged”っていう楽器のコードを電源に繋げず、アコースティック・サウンドで様々なアーティストにライブをさせるビッグ番組を誕生させたり、PVのアウォードを年に1度開催するなど音楽にまつわるエンタテイメントを幅広く展開させています。
 有料チャンネルなので音楽好きはレコード買うのと同じくらい毎月お金を払ってみましょうね。
 
 現・長野県知事の田中康夫氏が1980年に書いた大ベストセラー小説です。ちょうどこのシリーズのアーティストが若かりし頃、一大ムーブメントを巻き起こした時期です。この本の特徴はなんと言っても見開きの半分(1ページ)が全部言葉の解説という、注の多さですね(笑)。当時の若者文化や若者の心情が見事に描かれています。このシリーズの第9作目「シャカタク」が日本でめちゃめちゃ流行ったのは、ディスコやカフェ・バーがきっかけでした。この小説に描かれているような若者が深夜に「シャカタク」で踊りまくっていました。もしかしたらこれを読んでいる若いリスナーのお父さん/お母さん世代かもしれません。試しに夕食の際、そっと親御さんに聞いてみましょう。顔を赤らめたら正解です。
 
バラエティ番組で再び火の点いたアカペラ。起源は様々ですが、有力説は15〜16世紀におけるイタリア・ルネサンス期に教会合唱曲の中でパレストリーナといういわば“教会音楽の父”と呼ばれた音楽家が考案した3和音を基本としたメロディの流れが美しくスムーズな合唱様式が発端だったそうです。アカペラ(=a capella)という語源はイタリア語で「無伴奏」とか「教会音楽的な」という意味。映画「ブルース・ブラザーズ」の有名なシーンで、ジェームス・ブラウンが教会の中で声高らかに歌い信者がそれに乗っかって歌を被せていくあのシーンからも連想されるようにアカペラの根底は紛れもなくキリストの神を称える賛美歌なのです。ポップスとしてのアカペラの起源は様々な諸説はあるものの17世紀頃に白人によってアメリカへ強制的に連れてこられた黒人達が楽器を買うお金が無くて始めたという一説、またイタリアからの移民が増えた17世紀のアメリカにおいて、当時床屋を営むイタリア人が大勢いてお客さんが髪を切ってもらっている間に退屈させないように理容師達がハモリながらハサミを入れていたところ評判となり商売が大繁盛したという説もあるそうです。何しろ娯楽という娯楽がそしてお金も極端に無かった時代です。この理容師達は後に「バーバーショップカルテット」と呼ばれ一気に世に広まっていったというのだからよほど喉に自信があったのでしょうね。現世でそれを見かけることが出来ないのが残念ですが、アカペラがここまでポピュラーなものになっていったのはそういった彼らが「声」で暗い世相を変えようと一石を投じた結果が今に至っているのではないでしょうか。
 
 
 いつまでも色褪せず輝き続ける80年代AORサウンド。アダルト層のみならず確実にここ数年で裾野を広げたそのサウンドのど真ん中に彼は常にいました。ヒット曲「ふたりだけの夜」の他、アイズレー・ブラザ−ズやスピナーズが提供した名曲まで完全網羅!

■発売日:2004/12/22
■価格:\5,000-(税込)
■形態:DVD+CD DVBD-10002/B
 
   
 
 今のR&BやHip Hopのルーツとなった革命的なサウンド“グラウンド・ビート”を世に知らしめた伝説のグループ「Soul 2 Soul」のヴォーカリスト=キャロン・ウィラー。復活という意味においては申し分ない、圧倒的な歌唱力と巧みなサウンドは要再評価!!

■発売日:2004/12/22 ■価格:\5,000-(税込)
■形態:DVD+CD DVBD-10003/B
 
   
 
 ポップスを知りそして語る上で、ビートルズの次に挙げなければいけないアーティスト。名曲「アローン・アゲイン」や「クレア」「ゲット・ダウン」等永遠のメロディは今も健在です。未だ輝き続ける圧倒的なポップセンスを是非体感して下さい。

■発売日:2005/02/23
■価格:\5,000-(税込)
■形態:DVD+CD DVBD-10001/B
 
   
 
 90年代を彩った“スウェディッシュ・ポップのカリスマ”クラウドベリー・ジャムが帰ってきました。カラフルさに富んだ彼女達の音楽は、更にその色をヴィヴィッドなものへと進化させ、極上のポップ・ミュージックを展開しています。ヒット曲「Your Love」「Elevator」等収録。

■発売日:2005/02/23
■価格:\5,000-(税込)
■形態:DVD+CD DVBD-10004/B
 
   
 
 言わずと知れた“ミスター・ロマンティック”スティーブン・ビショップがduoシリーズに登場!! AOR黄金期を支え、数多くの映画音楽を手掛けた彼の音楽への愛情とこだわりが全編で冴え渡っています。

■発売日:2005/04/27
■価格:\5,000-(税込)
■形態:DVD+CD DVBD-10005/B
 
   
 
 “80年代っぽい音楽”を頭の中に思い浮かべた時、何番目かにこのグループのことを思い出しませんか?「シスコはロックシティ」「セーラ」等全米No.1大ヒット曲を連発させたロックバンド=スターシップがduoシリーズに登場しました!!

■発売日:2005/04/27
■価格:\5,000-(税込)
■形態:DVD+CD DVBD-10006/B
 
   
 
 まさに“ボイス・イリュージョン”! どうやって発声しているのか、何故こんなアンサンブルが生み出せるのか根本的な疑問ですが、彼らはいとも簡単にそれをやってのけてしまうのです! 新しいポップスの可能性を垣間みる佳曲揃いに思わずニヤリ!!

■発売日:2005/06/22
■価格:\5,000-(税込)
■形態:DVD+CD DVBD-10007/B
 
   
 
 ナチュラルな女性像を描き続けるスザンヌ・ヴェガ。「Luka」や「Tom's Diner」でファンを魅了したあの歌声は今も健在です! 音楽だけでなく彼女のライフスタイルもお手本になるのでは? きっと彼女の音楽があなたの生活に余裕をもたらしてくれるはず!

■発売日:2005/07/27
■価格:\5,000-(税込)
■形態:DVD+CD DVBD-10008/B
 
   
 
 「Night Birds」や「Invitations」等往年の名曲をはじめ今年リリースされた新作を含む、まさに厳選されたベストな選曲! ターゲット層は、ズバリ“遊びをわかった30〜50代のオトナ”です!!

■発売日:2005/09/21
■価格:\5,000-(税込)
■形態:DVD+CD DVBD-10011/B
 
   
■発売元:デュオ・レコード / 株式会社イズム
■販売元:エイベックス・マーケティング・コミュニケーションズ(株)
 
 
 

お問い合わせ | 広告掲載について  | プライバシーポリシー | 会社概要 | グループ会社リンク
Copyright 2006 duo records. A Division of IZM Inc. All rights reserved.